顔のシミを消す方法!化粧品でオススメの美白成分とは?

鏡を見る度に嫌になるシミをどうやって消したらいいの? 化粧品でシミを消す美白成分にはなにがいいのかな?

 

顔のシミを消す方法は、あるのかな?シミの悩みは、誰でも通る道。朝起きて顔をみると、あれ?こんなところに?しかもその顔にある薄いシミが翌日にはまた更に目立つように!そんなときは、今持っている化粧品を見直してみよう!あなたの化粧品には美白成分が、入っていますか? これから顔のシミを消す方法と、化粧品のオススメ美白成分についてお伝えします。

 

1.   顔のシミを消す方法!シミの種類と化粧品のオススメ美白成分。

顔にシミができたといっても、実はいろいろな種類があります。自分はどれに当てはまるのか見極めてから、その美白成分をみていこう!

※    老人性色素斑(日光黒子)

多くは40代以降、早ければ30代で現れるシミ!長年紫外線を浴びて出来たシミ。シミの中で、最も多い頬骨の上あたりにできる色素沈着。

※    肝斑(かんぱん)

30~40代女性に現れるシミ!女性ホルモンに関係されていると言われています。閉経とともに消えていきます。特徴は、主に頬骨や鼻の下、額に左右対称に出来ます。 そして、妊娠中や、ピルの服用中にも現れるシミです。

※    雀卵斑(ソバカス)

小学生の頃から、出るシミ!鼻の辺りに、ちりばめたように出来、遺伝的なものが多い。年齢とともに、消える事もある。長年にわたり紫外線を浴びると、濃くなることもある。

※    炎症性色素沈着

ニキビ跡や、虫さされ跡、お肌の炎症(怪我、湿疹、アトピーなど)により、できるシミ!通常、炎症後の色素沈着は、時間と共に消える事もある。

どうですか?顔にあるシミにはいろんな種類がありますね。自分はどれにあてはまるのだろう? それでは、今度は美白成分について、お話します。

 

2.   顔のシミを消す方法! それぞれのシミに合った、化粧品の美白成分。

美白化粧品を探しに行くと、あまりにも沢山の美白化粧品がでているので、いったいなにがいいのか分からなくなりますよね。それでは、自分のシミは、どれに当てはまるのか検討した上で、今度はそれに対応した美白成分を見ていこう!

※    老人性色素斑(日光黒子)

紫外線が主な原因とされているシミ。 色々な美白成分があります。このなかでシミに効く私の知っている美白成分は、

=ハイドロキノン/アルブチン/ビタミンC誘導体/トラネキサム酸、プラセンタエキス/4MSK

どれもシミに効く内容成分です。その他

=エラグ酸/カモミラET/コウジ酸/ニコチン酸アミド/マグノリグナン/リノール酸S/ルシノール等。

いろいろありますね。この中で、一番効く美白成分は、なんでしょう?

調べてみると、、、、。

ハイドロキノンが一番効く!

なんとアルブチンやコウジ酸等に比べ、約100倍の美白作用があるのです!シミの元になるメラノサイトの働きを抑制してくれるのです!

ビタミンC誘導体は、肌に優しいので、敏感肌の方は、オススメです。

※    肝斑(かんぱん)

ホルモンによってできるシミは、やはりハイドロキノンが一番とされています。老人性色素斑と区別がつかない方は、ハイドロキノンがおすすめです。そして、トラネキサム酸も、シミを濃くさせない為に有効的な成分です。トラネキサム酸は、内服薬もオススメです。

※    雀卵斑(ソバカス)

遺伝的なものが多いソバカスは、なかなか消す事は難しいですが、日々の紫外線ダメージで、ソバカスは濃くなったりします。それを抑制するのが、トラネキサム酸です。その他にも美白成分は、老人性色素斑と同じ成分があります。年齢とともに消えることもあるので、紫外線のダメージを受けないようにしましょう。

※    炎症性色素沈着

お肌の炎症によって起こる色素沈着に、オススメの美白成分は、ビタミンC誘導体!お肌に優しいので、一番いいです。

その他の有効成分は、

エナジーシグナルAMP/カモミラET/プラセンタエキス/4MSK

 

シミは紫外線の皮膚ダメージが主な原因なので、まず必ずしてほしい事は、UVケアです。特に紫外線のUVAは、室内、曇りの日でも肌に入ってくるので、必ず、毎日日焼け止めまたは、日焼け止めの入ったベースメークはするようにしよう!

人の肌はそれぞれ違います。みんながいいといったものから試して、

きっと自分にあった美白成分が見つかるよ!たくさんの美白化粧品がある

から、購入前にその美白商品の内容成分を、店員に効いたり、調べるとい

いよ。

3.   顔のシミを消す方法!オススメの化粧品は?

シミに効く、内容成分、トラネキサム酸、ハイドロキノンに着目して、どんな化粧品があるか調べてみました。

総合的に見て、やはりハイドロキノンの入った化粧品が一番効果ありそうです。お試しセットです。

※    アンプール Luxury White(1,890円)

女性皮膚科医が商品開発した商品。独自に開発した、新安定型ハイドロキノンで、安定化させ、低刺激にしたものです。今あるシミだけでなく、予備軍も撃退してくれる嬉しい商品。

 

※    ビーグレン White Care (1,800円)

独自の浸透テクノロジー、キューソームで、肌の奥まで届けてくれる、Dr.コスメ。低刺激で、顔全体にハイドロキノンを塗れてしまう嬉しい商品。

詳しくはこちら

→ビーグレン口コミは効果なし?シミシワニキビ跡毛穴は消えるは嘘なのか?

 

※    ブライトニングクリスタル Brightening Crystal (4,860円)

ハイドロキノン5%も配合しているDr.コスメ。その他、ビタミンC誘導体や、アルブチンを配合。シミに少量しか使わない方には、良い化粧品。高濃度のハイドロキノンを使っているので、効果抜群!

 

次はトラネキサム酸を配合した化粧品の紹介です。

 

※    資生堂 HAKU (1,080円) 7日間トライアル

4MSKとm−トラネキサム酸を配合した美白美容液。4MSKがメラニン色素を抑制し、m−トラネキサム酸がメラノサイトの活性化を抑制します。CMでもよく見る商品ですね。フルサイズは、10,800円するので、トライアルがあるのがうれしい。

 

※    第一三共ヘルス ブライトエイジBRIGHTAGE (1,400円)10日間

エイジングケアコスメ。トラネキサム酸をメイク落としから、クリームまで、全商品に入れている所が嬉しいですね。洗顔から、化粧水と乳液状美容液をつければいいだけ。忙しい方に最適です。

化粧水は、やはりビタミンC誘導体が入った化粧品をオススメします。どれにしようか迷ったときは、お肌にあった化粧水にしましょう。例えば、ニキビ肌なのか、乾燥肌なのか、エイジングケアをしたいのか、徹底的にシミだけに着目したいのか、など。

美白成分だけでみても、本当にいっぱいありますね。上記以外にも、あなたにあった化粧品がみつかるかも?知れません。試してみることが、一番だとおもいます。

必ず、顔を洗ったら、化粧水はつけて下さいね。どんなにいい美容液やクリームを付けても、化粧水をつけないと、肌に浸透しません。効果半減になってしまいます。

 

顔のシミを消す方法、なんとなく分かったでしょうか?化粧品の美白成分だけでも、把握出来たら、試しがいありますね。高い化粧品を購入しても、効き目がなかったら、ショックです。だから、トライアルが合ったら、トライアルから始める事をオススメします。あなたにあった化粧品がみつかりますように!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です